トップ

WebRTC シグナリングサービス Ayame Lite ベータ版

これは WebRTC Signaling Server Ayame を利用したサービスです。

WebRTC シグナリングサービス Ayame Lite の使い方

Gist に資料としてまとめてあります

WebRTC シグナリングサービス Ayame Lite の使い方

開発ログ

WebRTC シグナリングサービス Ayame Lite 開発ログ

Ayame Lite 利用時の注意

このサービスは現在ベータ版として提供しています。無保証での提供となります。

特徴

  • 認証不要なシグナリングサーバの提供
  • 認証可能なシグナリングサーバの提供
  • STUN/TURN サーバの提供
  • OSS である WebRTC Signaling Server Ayame をノーカスタマイズで利用

Ayame Lite の利用方法

GitHub アカウントでサインアップをお願いします。

サインアップせずに利用するパターン

Ayame Lite はサインアップせずに、シグナリングサーバだけを利用することが可能です。

ただし、その場合はルームの認証を行うことや、 STUN/TURN サーバの利用をすることができません。

以下の URL で利用することができます。 ルーム ID を利用する場合は「他の人が推測されにくい ID を利用するようにしてください」

wss://ayame-lite.shiguredo.jp/signaling

サインアップして利用するパターン

GitHub を利用して Ayame Lite にサインアップすることで、ルームの認証や、 STUN/TURN サーバを利用することが可能になります。

ルーム ID を GitHub ID の Prefix として付ける

ルームの認証を行う場合はルーム ID に GitHub ID を Prefix として付け、シグナリングキーを指定する必要があります。

例えば、 GitHub ID が shiguredo の場合は shiguredo@test-room のように指定します。 test-room 部分は好きに指定してください。 GitHub ID の後ろに @ をつけることで これは認証を行う必要のあるルーム ID だ とサービス側で判断します。

シグナリングキー

サインアップするとシグナリングキーが生成されます。 これを Ayame Web SDK や Momo で Ayame Lite のルーム ID を認証を必要とする場合は必ず指定してください。

シグナリングキーを再生成した場合は、古いシグナリングキーは利用できなくなります。


Discord

ベストエフォートで運営中です

Ayame の Discord と同じサーバに別チャネルとして用意してあります。

https://discord.gg/z6EJu3d

Q & A

  • Ayame Lite は無料ですか?
    • 無料で利用可能です
  • Ayame Lite は転送量制限がありますか?
    • アカウントごとなどはありませんが、サーバの転送量が決まっているためそれを超えると全員が利用できなくなります
  • Ayame Lite は TURN-TCP や TURN-TLS を提供していますか
    • 提供します。両方ともデフォルトポートで提供します。80 や 443 は使いません
  • Ayame Lite の SLA はいくつですか?
    • 保証は一切ありません。不安な場合は Ayame を自前で立てるのをおすすめします
  • Ayame Lite はウェブフック機能を提供する予定はありますか?
    • あります。今後提供予定です
  • Ayame Lite はサポートを提供する予定はありますか?
    • ありません。ただし GitHub Issues を利用して気軽に質問はできるようにする予定です